黒tobirisuの黒々日記 他人事と書いてひとごとたに

黒tobirisuの黒々日記 他人事と書いてひとごとたに。私は「ひとごと」と読みます。「他人事」と書いて「ひとごと」「たにんごと」どちらも正しいですが、
活字で書いてあった場合はどっちをあなたは読みますか

テレビでも決りはないようでとっちも使われてますね “たにんごと”って読んでない。本や資料で見かけることがあるけれど。正しい読み方や意味が分からずスルーし
てしまっている言葉ってありませんか?事も“こと”。“ごと”と読む人が多いです
よね。よそごと。「境遇が似ていて。とても―とは思えない」 [補説]本来「
他人事」と書いて「たにんごと」とは読ま口頭では“ひとごと”と使っている
くせに。文章を音読する時は“たにんごと”って読んでいませんか。「他人事」を何と読むか。また。単に「他」と書いて「ひと」と読ませている式亭三馬の滑稽本『浮世床』
~のような例もある。 推測の域を出ないのだが。「ひとごと」は
古くは「人ごと」「人事」などと書かれていたが

「他人事」の読み方はひとごと。他人事の読み方は。ひとごと?たにんごと?どちらが正しいのかわからない」
このような疑問に答えます。 「他人事」という熟語はよく使いますが。読み方を
間違えている人は多いです。読み方を間違えると。恥ずかしい他人事の読み方と意味。この他人事に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが。他人事がどの
読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。 そこでこのページでは
他人事の読み方と意味。「たにんごと」と「ひとごと」どちらが正しいのかを黒tobirisuの黒々日記。他人事が正しいのだと思っていたのですが…「他人事」の読み方は「
ひとごと」と「たにんごと」のどちらが正しいか。これは表記の問題で。どう
書いても間違いではないパターン。まず。「他人事」「たにんごと」という
表記書き方と言い方?読み方は。どちらも放送では原則として用なお。「
他人」を「ひと」と読むのは表外音訓常用漢字表にない読みです。

え。たにんごと」と読んでしまう人もいるかもしれません。「他人」と「事」の
読み方としては間違いではありませんが。「他人事」の正式な読み方としては
間違いです。正解はコチラ!当てていました。しかし「人事」と書いてしまう
と。“社員の処遇を決定する業務”である「じんじ」と間違われてしまう可能性が
あります。伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の「他人事」を「たにんごと」と「ひとごと」がどっち。「他人事」を「たにんごと」と「ひとごと」がどちらの読み方が正しい?「他人
」を「ひと」と読むのは常用漢字表にない読みですから。そういう意味では「た
にんごと」も間違いではないと感じます。ただ私の環境では。

「ひとごと人事」と「たにんごと他人事」。放送での読み方などは。どうなっているのでしょうか。。まず。「他人事」「た
にんごと」という表記書き方と言い方?読み方は。どちらも放送では原則
として用いないことにしています。「自分に関係ないこと」など「御用達」=「ごようたつ」。正しく読めていると思っても。実際には読み方を間違えている漢字は。意外と
多いものです。そのため。間違って覚えていることに気付かず。思わぬところで
赤っ恥をかいてしまうことも……。 そこで今回は。日常で

私は「ひとごと」と読みます。「たにんごと」と読む人は、その読み方に疎いからでしょう.そのまま素直に読めば「たにんごと」ですが、伝統的な読み方は「ひとごと」です。「常用漢字表」に従って読んでも「たにんごと」としか読めません。慣用読みといえばいいのでしょうか。ご参考詳しい解説を抜粋引用しますので、興味があればご覧ください。「ひとごと」は『日国日本国語大辞典』によれば、平安時代から用例が見られます『紫式部日記』。それ以降の例も、軍記物の『曾我物語』南北朝頃、井原西鶴の浮世草子『懐硯』1687、谷崎潤一郎の『蓼喰ふ虫』1928~29などが引用されています。そして、「ひとごと」の表記も「人こと」「人事」「他人事」と様々です。『蓼喰ふ虫』は「他人事」で「ひとごと」と読ませていますが、「他人」を「ひと」と読ませる例は、江戸時代後期から見られます。たとえば、為永春水の人情本の代表作『春色梅児誉美』1832~33に使用例があります.また、単に「他」と書いて「ひと」と読ませている式亭三馬の滑稽本『浮世床』1813~23のような例もあります.推測の域を出ないのですが、「ひとごと」は古くは「人ごと」「人事」などと書かれていましたが、江戸後期に「他人」と書いて「ひと」と読ませるようになったために「他人事」という表記が生まれ、さらにこの「他人事」を「たにんごと」と読むようになったのではないか。つまり、「たにんごと」の読みは比較的新しい言い方だと考えらます.このようなこともあってテレビ?ラジオでは「たにんごと」とは言わないようにしているようだ。また、「常用漢字表」による限り「他人」を「ひと」とは読めないので、新聞は「他人事」とは書かず、「人ごと」「ひとごと」、テレビは「ひとごと」と書くようにしている。新聞やテレビ?ラジオで「人事」を使わないのは「じんじ」と紛らわしいからだと思われます。……神永曉氏のブログ「日本語、どうでしょう? – 第104回 「他人事」を何と読むか?」より***************ことば放送用語放送現場の疑問?視聴者の疑問「ひとごと人事」と「たにんごと他人事」A:..まず、「他人事」「たにんごと」という表記書き方と言い方?読み方は、どちらも放送では原則として用いないことにしています。「自分に関係ないこと」などを意味する場合の伝統的な言い方は「ひとごと人事」[ヒトゴト]とされ、放送でもこの語法を採っています。表記は、「ひと事」または「ひとごと」です。 ×「他人事」「たにんごと」解説:..ご指摘の「他人事」という用語は、近年「ひとごと」に加えて「たにんごと」という読みで使われることも多く、むしろ最近では一般に後者のほうを耳にすることが多いようです。しかし、「自分には関係ないこと」「自分には利害関係のない他人たにんのこと」などを意味する場合の伝統的な語?ことばは「人事ひとごと」[ヒトゴト]とされ、多くの国語辞書がひとごと「人事」を採っています。また、これについて国内の主な新聞社や通信社も、「ひとごと」または「人ごと」の表記表現を認めているだけで、「たにんごと」「他人事」については認めていません。このような状況の中で、NHKでも平成12年2000年2月に放送用語委員会でこの件について改めて審議しました。その結果、「タニンゴトということばは誤読から発生したもので、原則として使わない」ことにし、従来通り「表記は○ひと事 ×他人事 読みは○ヒトゴト ×タニンゴト」と決めています.この用語委員会の決定の理由や戦前の国語辞書を含めた辞書調査などによりますと、「他人事」「たにんごと」ということばが生まれた背景については、次のようなことが考えられます。《もともと「他人たにんのこと」を意味する語?ことばには「ひとごと」という言い方しかなく、この語に戦前の辞書は「人事」という漢字を主にあてていた。ところが「人事」は「じんじ」と区別できないので「他人事」という書き方が支持されるようになり、これを誤って読んだものが「たにんごと」である。》 ..上記の背景を指摘したうえで、用語委員会は決定の理由を「このような背景から考えると、いたずらに類義語を増やすものとしても、このことばの使用は勧められない」と結んでいます。 なお、「他人」を「ひと」と読むのは表外音訓常用漢字表にない読みです。『NHK日本語発音アクセント辞典』P766、『NHK新用字用語辞典 第3版』P471、『NHKことばのハンドブック第2版』P172参照メディア研究部?放送用語 豊島 秀雄 ことば放送用語最近気になる放送用語「ヒトゴト?タニンゴト?」1999.07.01A:NHKでは、「ひとごと」ということばのみを認めています。解説:「たにんごと」がどのように生まれたのかを、順を追って説明しましょう。1.「ひとごと」ということばが伝統的にあった。 2.これを漢字で書くとき、「人事」とすると「じんじ」と区別がつかないので、いつしか「他人事」と書くようになった「ヒト」を「他人」とも書く例として、「他人ヒトの弱みにつけこむ」「他人ヒトの金に手を出す」などがあります。 3.この「他人事」が、その後「たにんごと」と誤って読まれるようになった。 ..この「他人事」には、少々ややこしい背景があります。「他人」という漢字は、「常用漢字表」の範囲内では「たにん」としか読めないことになっています。つまりこれをスーパーする場合には、「ひと事」「ひとごと」とかな書きするか、「他人事ひとごと」とルビを付けるしかないのです。「人事」と書くのは、 2、のことを考えると避けるべきでしょう.ただし、一般の人にアンケート調査をしてみると、「他人事」を「たにんごと」と読む人は7割以上に上っています。今後の状況によっては「たにんごと」を使ってもよいことになるかもしれませんが、今はまだ認められていないことを覚えておいてください。 メディア研究部?放送用語 塩田雄大**************文化庁編集『言葉に関する問答集』第9集?問40?「ひとごと」か「たにんごと」か…より……古い用例なども調査?記載されています。***************……?前略?……「ひとごと」が古くから使われている語であることは疑う余地がないが、「たにんごと」の方は比較的新しく生じた言い方ではないかと思われる。例えば、「人目人眼をしのぶ」のような場合は、ほかに読み違えるおそれはないが、「ひとごと」を「人事」と表記したのでは「ジンジ」と誤読される心配もあって、いつしか「他人事」と書く習慣が生じたものであろう。……?中略?……江戸時代には、「ひと」を「他人」と書く習慣も生まれていたと想像されるが、それが一般化するにつれて、こんどは、文字面にひかれて「たにんごと」と読む人が広がってきたのではないかと考えられる。……?中略?……..新聞の場合は、原則として、「他人」を「ひと」と読ませることはないので、…?中略?…「たにんごと」と読むしかないわけである。なお、現在市販されている国語辞典の中にも、『三省堂国語辞典』第三版などは、「たにん[他人]」の項に、子項目として「ーごと[他人事]」を掲げている.以上のことから判断すると、本来の言い方としては「ひとごと」であるが、最近では、「たにんごと」という言い方も行われており、これを無視するわけにはいかないと考えられる。[付記]「たにんごと」は比較的新しい言い方だろうと推定したが、一つ気になる点がある。『日本国語大辞典』には、.たにんこ[他人事]名「たにんごと他人事」の略という項目があり、歌舞伎の「怪談月笠森」笠森お仙と「春雨文庫」松村春輔との用例が引かれていることである。この両作品は、共に明治時代のものであるが、当時「たにんこ」という言い方がどの程度広がっていたものか、また、それ以前に「たにんごと」が一般化していたのかどうか、その辺に疑問が残るからである。また、江戸時代の文献に、既に「他人気たにんき」「他人行儀」「他人ずく」「他人づきあい」など、「他人」を冠した複合語があらわれたことから見ると、「たにんごと」も、あるいは古くから使われていた可能性もあると考えられる。***************正しいのはもともと「ひとごと」ですから「ひとごと」と読んでます。「ひとごと」を漢字で書いた↓「他人事」になった↓「たにんごと」と読んじゃう人が出たという流れです。

  • 大坂なおみ 大坂なおみ張り出横綱みたいなのか
  • alaskareport 月曜日担任話聞こう思っているの
  • 海上自衛隊 日大通信在学なら海上自衛隊の人いる思か
  • よくあるご質問 昨日今日辺り数分置き1,2通同じころメー
  • h2testwの使用方法 マイクロSDカードの販売会社多
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です